エネルギー教育全国協議会
サイトマップ お問合せ
エネルギをー考える。
ホーム
組織について
シンポジウム
エネルギー関連施設見学会
参考教材
おすすめサイト
おすすめエネルギー授業
お問合せ
シンポジウム報告
シンポジウムインデックスへ戻る
第25回エネルギー教育シンポジウム in 東京
模擬授業
模擬授業
1.「限りある資源(3年生)」
細羽 朋恵 教諭 / 東京都足立区

生活の中の電気が「どこで」「どのように」「何を原料にして」作られているのか、「原料はあとどのくらいもつのか」「新しい原料に代わるものは何か」などについて、スクリーンの映像や教材を使って教える。

お父さんやお母さんが子どもの頃と比べて電気の使用量はどう変化したか考えてみよう。
電気を作るにはどのような方法があるか考えてみよう。
エネルギーがなくなったら何が困るか考えてみよう。
限りある資源問題を解決する方法としては何があるか考えてみよう。
模擬授業
2.「エネルギー教育授業実践ファイルより「夜の地球」を使った授業」
熊谷 壽 教諭 / 埼玉県桶川市

「夜の地球」のポスターを使い、地球上における電気の使用量の分布や油田、焼畑、漁火などの分布図を見せる。また電化製品の省エネが進んでいるにも関わらず、電気使用量が増えているという問題を提示し、省エネについて私たちの身の回りから具体的に考える。

家電製品の省エネに反して増える電気の使用量についてどう思いますか。
省エネについて私たちが出来ることは何か考えてみよう。
家電製品の消費電力量について考えてみよう。
模擬授業
3.「体験活動を取り入れたエネルギーの授業」
鈴木 康一 教諭 / 東京都大田区

手回し発電機、コード、ソケットのついた導火線を利用し、グループごとに実際に電気を作らせ、電気を作る大変さを理解してもらう。また、実際に発電所でも同じ方法で電気を作っていることを教える。

実際に自分たちの力で電気を作ってみよう。
電気を作ってみた感想を述べてみよう。
前のページへ戻る
シンポジウムインデックスへ戻る
Copyright © energy kyoiku zenkoku kyogikai.All rights reserved.
※当サイトに掲載しているPDF・記事・写真・図表などの素材に関して、学校授業以外の無断転載・利用を禁止します。