エネルギー教育全国協議会
サイトマップ お問合せ
エネルギをー考える。
ホーム
組織について
シンポジウム
エネルギー関連施設見学会
参考教材
おすすめサイト
おすすめエネルギー授業
お問合せ
発電所見学会報告
エネルギー関連施設見学会インデックスへ戻る
2002年度原子力発電所報告書
日時
2003年1月19日(日曜日)
地区
関西(大阪)
見学先
美浜原子力発電所(関西電力)
見学内容
美浜原子力発電所PRセンター
美浜原子力発電所
参加者数
21人
見学会感想
城者 貴典 教諭 / 大阪府 小学校勤務
初めての原子力発電所見学でした。
意外に施設が小さく、シンプルなことに驚きました。
こんな小さな発電所が11基で関西の6割の電力をまかなっているのは、ビックリです。施設面からも原発の効率がよいという話に納得しました。
これまで、資料、インターネット等でエネルギー問題を学んできましたが、実際に本物を見学して納得できたことがたくさんありました。
タービンや発電機の大きさも実感できました。
また、1次冷却水漏れの事故現場もそのまま残されて公開されているのには頭が下がります。
実際の現場と、報道との差異も感じることができました。すばらしい経験をさせていただいてありがとうございました。
岩田 一博 教諭 / 大阪府 小学校勤務
地元と密着している点、より詳しくより正しい情報をPRしようという点が大変感じられました。(海岸の清掃、松の手入れなど、数々のことに取り組まれている点はとても驚きました)
人間も機械も信用しないという仕組みづくりも勉強になりました。事故を活かして、より万全の安全対策を施しているのがわかりました。
授業をするなら、という視点で考えると、こういった安全対策、エネルギー資源の問題と原子力発電、正しい情報を選択するためのメディアリテラシーが考えられました。
今回このように行き届いた見学会に参加させていただき大変感謝しております。本当に貴重な勉強になりました。ありがとうございました。
エネルギー関連施設見学会インデックスへ戻る
Copyright © energy kyoiku zenkoku kyogikai.All rights reserved..
※当サイトに掲載しているPDF・記事・写真・図表などの素材に関して、学校授業以外の無断転載・利用を禁止します。